冬、首や肩こりがひどくなりませんか?

 

冬、寒くなると首、肩こりがきつくなる、、、
冬、背中、とくに肩甲骨のこりがきつい、、、


あなたも、こんなことありませんか?

冬になると首や肩こりがきつくなる、その理由は?

寒くなると自然に、肩をすぼめて、
うつむき加減に歩いていませんか?

 

このうつむいた姿勢は、首を緊張させている状態です。
首を長時間、緊張させ、連動する肩のこりをきつくするんですね。

 

では、首こり、肩こりをきつくさせない方法は?
うつむき加減に歩くのは、
体が冷えるのを防ごうとする私たちの持つ、防御反応です。
ですから、悪いことではないんですね。

 

しかし縮こまっていると血流が悪くなり、
さらに、うつむいた姿勢で首筋を冷やし、さらに冷える。
この冷えの循環でうつむきの姿勢になります。

 

このような、寒さに対応するには、普段から体を温めることが原則です。
体が温かいと、血流が体温を維持し、代謝により熱を作り出します。

 

◆そのための6つの方法
基本的に2つです。
対処法と基礎代謝法です。

☆対処法
1・当たり前ですが、寒さ対策をする。
ヒートテックインナーなどのインナーを選ぶ。
アウターは、風を通さない素材のものを選ぶ。

 

2・外へでるときはネックウォーマー、マフラーを使う。
ネックウォーマーで、肩をすぼめて歩くことを防げます。
襟元から入ってくる風はとても冷たく感じます。
その冷たい風をシャットアウトしましょう。

 

3・ホッカイロを使う。
冬、肩こりがきつくなる場合は、
首の辺りにホッカイロを貼ってみましょう。
首のうしろ、もっとも出っ張っているところがポイントです。
首が温かいと、肩こり予防に効果的です。

 

 

☆基礎代謝法
1・好みの温かい飲みものを飲む。
体温が下がると、血流が悪くなり代謝が落ちます。
冬は、積極的に温かい飲みもの摂るようにしましょう。

 

2・体を温める食べものを積極的に摂り入れる。
ショウガ、胡椒、唐辛子などには、体を温める効果があります。
冬、肩こりがきつい人は、積極的に体を温める効果がある食材を摂りましょう。

 

3・積極的に歩きましょう。
熱を作るのは筋肉です。
特に女性は、筋肉不足で肩こり性が多いといいます。
日本の女性は、世界でも筋肉の少ない方に入るそうです。
ファッション業界の発信する、誤った美意識のせいかもしれませんね。

もっと積極的に歩いて健康的な筋肉をつけて、代謝を上げましょう。

首がまわらずひどい状態になっています。

左手親指にしびれがあり、気になって整形外科で診てもらいました。

整形外科でグーパーや腕の力の検査などチェックしたあと、
レントゲンをとり、説明を受けました。  

頚椎の5,6番目の間が狭くなっていて神経を圧迫しているようです。
そこで初めて、原因がわかりました。

単純に言うとストレートネックです。
毎日、パソコンばかり使っていて首が変形しきっている感じですね。

本来なら頚椎は湾曲しています。
ところがレントゲンで見た頚椎は、上部が前にかがんでいる感じです。

頚椎の5,6番目の間が狭くなると、親指あたりにしびれが来るそうです。
医者の言うとおり、この数年、親指がしびれていました。

ととくに支障もなかったので、放っていてしまい、いまの状況になってしまいました。
いま、リハビリ中です。

枕も変えました。
バスタオルを首に沿うように折りまげて使っています。
幾分か楽になります。

もしあなたが、1日の大部分をパソコンやスマホを使っているのなら、
注意したほうがいいです。

スマホを見る時間をコントロールしましょう。
電車のなかで暇つぶしにスマホを見るのはよしたほうがいいと思いますよ。

★慢性的な首の痛みで困っていませんか?

1

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

その肩こり、もしかして乳酸菌不足?

乳酸菌革命

Archive

Recommend

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 首のこりに、これは効きます!!
    しゅう

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM